総合エンターテック企業のplaygroundは、「MOALA(β版)」の展開を本格的に開始し、合わせて電子チケットを起点とした「”ライブ来場者限定”のデジタルコンテンツ配信機能」を提供することを発表した。本機能の実装により、電子チケットにて入場したライブ来場者に対して、出演アーティストのメッセージ動画や画像を限定で即時配信する取り組みが可能となる。

playgroundが提供している「MOALA」とは、ライブの前・中・後にデジタルサービスを提供することで、ライブの魅力・体験価値を向上させるWebプラットフォーム。ライブ来場者との最初の接点である「電子チケット」を起点に、テクノロジーを活用して来場者の体験価値を最大化することで、収益向上を目指す「コネクテッドスタジアム」の実現を目指していく。
また音楽ライブへの導入第一弾として、3月に東京と大阪で開催された“有安杏果 サクライブ 2019 ~Another story~” に「MOALA」が全面採用され、本機能を先行提供する。さらに、7月から開催される“有安杏果 Pop Step Zepp ツアー 2019”においても、さらなるライブ来場体験の向上を目指し、本機能が活用される予定。