電通、電通デジタル、CARTA HOLDINGSの電通グループ3社は、インターネット広告の新たな取り組みとして、音声コンテンツを提供するプレミアムな媒体のみを対象にした音声広告配信サービス「Premium Audio広告」の提供を開始する。

このサービスにおける最初の広告配信先は、ラジオ番組コンテンツを放送する日本最大手のサービス「radiko(ラジコ)」と、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」。これまでも電通グループは、視覚面で高レベルの安心・安全を実現した「Premium Viewインストリーム動画広告」などにより業界をリードしてきたが、今回のサービスでは聴覚面にその領域を広げている。

「Premium Audio広告」には、次の2つの特徴がある。1つは、適切な権利処理が行われた音声コンテンツを保有する媒体のみに限定して音声広告配信を行うため、広告主のブランドを毀損しない「ブランドセーフティ」な環境で広告を行える点。もう1つは、各サービスにログインしたユーザーに向けて広告を配信するため、"機械(≒bot)"によって不正にインプレッションやクリックが消化されてしまう「アドフラウド(広告詐欺)」のリスクを限りなく減らすことができる点である。

なお、サービスの配信にあたっては、CARTA HDのグループ会社であるVOYAGE GROUPが音声広告に対応できるように拡張開発した広告配信プラットフォームを活用。運用にあたっては、"人"基点のマーケティングでROIを最大化する電通グループ独自の「People Driven DMP」を利用する。