トヨタ自動車は、6月18日に新潟県で震度6強の地震が発生したことに伴い「通れた道マップ」を公開し、表示エリアを変更した。
 
トヨタは、災害発生後の安全運転のための参考情報として「通れた道マップ」を公開している。

「通れた道マップ」では、トヨタのテレマティクスサービスT-Connect/G-BOOK搭載車から収集したプローブ情報を基に、直近24時間以内の通行実績をリアルタイムで地図上に表示。また、大規模災害発生時は、トヨタ独自のリアルタイム交通情報「Tプローブ」、交通規制情報、被災地域の航空写真なども同一画面上で確認できる。