丸亀製麺を中心に世界に1700店舗以上を展開するトリドールホールディングスは、マーケティングカンパニーの刀と2018年9月より協業し、刀のマーケティングメソッドを丸亀製麺に導入し、さまざまな取り組みを行ってきた。6月25日、大手町プレイスカンファレンスセンターにて共同記者発表会を行い、協業内容について報告を行った。
トリドールホールディングス・代表取締役社長の粟田貴也氏(左)、刀・CEOの森岡毅氏(右)
トリドールホールディングス・代表取締役社長の粟田貴也氏(左)、刀・CEOの森岡毅氏(右)

協業の経緯について

会見では、トリドールホールディングス・代表取締役社長の粟田貴也氏が協業の経緯について説明。創業以来、手づくりしたできたてのうどんを食べてもらいたい、という想いのもと運営を行ってきたが、客数が前年割れを起こすようになり、現状を打破して成長していくために、刀との協業に踏み切ったことを述べた。また、刀・CEOの森岡毅氏は、粟田氏の想いを受け、うどんというコモディティ商品かつ、外食という成熟マーケットにおいて丸亀製麺の業績を回復させることができれば、その他の成熟業界においても「マーケティングで、日本を元気に」という同社の大義を果たせるのではないかと考えたことを語り、協業に至った経緯を明かした。
 

ブランド再設計で改善傾向

森岡氏はこれまでの取り組みについて、まずはブランド再設計に着手したことを明らかにした。丸亀製麺のブランドが選ばれる確率を上げていくために、徹底的に調査・検証・考査を実施。すでにさまざまな取り組みを展開しているが、一例を挙げると、ブランド戦略に基づいて、今年1月よりCMのクリエイティブ変更を行っている。また、協業の成果については、下記のグラフを使って、コミュニケーション変更後、4カ月間で全国既存店の集約トレンドを10ポイント以上改善したことを説明した。
今後の展望については、現在、うどんを市場において、外食が占める割合は10%程度であり、市場として大きな伸びしろがあることに言及し、「うどんを食べるなら丸亀製麺」と思ってもらえる取り組みを着実に実行することで、さらに成長できるという考えを述べた。