博報堂DYホールディングスは、7月1日、コーポレートベンチャーキャピタルである博報堂DYベンチャーズを設立した。さらに、スタートアップ企業との連携を深め、革新的なテクノロジーや新たなビジネスモデルで生活者や社会の未来をともにデザインする「HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND」の組成を発表した。
同社グループは、本年5月に発表した新中期経営計画期間中(2019年度~2023年度の5カ年)に100億円規模のベンチャー企業への投資活動を行うことを予定していた。今回組成された同ファンドは、革新的なテクノロジー・サービスを創出し、社会への新たな価値創造や変革に挑戦しているベンチャー企業との接点を強化し、イノベーションを加速させる。

同ファンドでは、主に国内の革新的テクノロジーを有する企業、新たなビジネスモデルの創出に取り組む企業を投資対象としている。同ファンドでの投資をベンチャー企業との共創のきっかけの一つとし、同社グループ各社との連携を図り、グループ全体のイノベーションの創出を推進していく考え。また、クリエイティブ、マーケティング/データ、メディア/コンテンツ、ビジネスデベロップメント等の各領域における博報堂DYグループの専門人材を同ファンドの「カタリスト(触媒)」とし、ベンチャー企業と博報堂DYグループの共創を推進していくと述べた。