博報堂が、グループで使用するVI(ビジュアルアイデンティティ)を刷新し、7月1日よりグループ内で順次導入することを発表した。
今回のVI刷新は、博報堂グループが新しい価値を提供していくことを社内外に広く伝えていくためであると述べている。

テクノロジーが劇的に進化し、社会のデジタル化、IoT化が加速するなか、生活者との接点が無限となり、双方向でつながる可能性が広がっている。同社は、現状を新たな社会の仕組みと新たな市場が生まれる時代とし、「生活者インターフェース市場」の到来と捉えた。そこで中心的な役割を担っていくには、発想するクリエイティビティと実装するクリエイティビティが必要であると述べている。長年鍛え上げてきたクリエイティビティで、生活者にどのような体験価値を提供すべきなのか、そしてそれをどのように実装すべきなのかを、さまざまな企業、パートナーとともに推進していく会社へと変革していく考えだ。