サイバーエージェントの研究開発組織「AI Lab」は、大阪大学・立命館大学との3者共同研究グループによる接客ロボットの実証実験の実施を発表した。今回の実験は大阪市が開催するIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」における取り組みで、7月16日から8月4日にかけて大阪南港の複合商業施設・アジア太平洋トレードセンター(以下、ATC)で実施される。
近年、生産年齢人口の減少による人手不足などの社会課題に対し、ロボットを活用したサービスに期待が集まっている。このような背景のもと、接客や広告媒体としてロボットを活用することで、店舗の省力・省人化や広告効果向上を目指し、共同研究グループではAIを活用した研究に取り組んでいる。接客ロボットに必要な要素技術として「通行人の行動の認識・予測」「通行人の注意を惹き付けるロボットの動作生成」があるという仮説を設定し、ホテルのロビーやオフィスなどで実証実験を重ねてきた。

今回は商業施設であるATCを実証フィールドに、卓上型のコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を設置。ATC内に店舗をかまえる「めんたいパーク大阪ATC」の協力のもと、同店舗への誘導を行う。ロボットには心理学的な知見に基づいた動作を実装しており、通行人に対して協力店舗の推薦・誘導が行われる。これにより、主に「通行人をロボットの前に立ち止まらせる動作生成」と「通行人をロボットの前で滞留させる動作生成」についての検証を行うとした。
実施イメージ
実施イメージ
今後、共同研究グループでは実証実験を通して得た結果をもとに、ロボットによる接客・広告技術の研究を進め、実用化に向けて取り組んでいくと述べた。