環境省が「2100年 未来の天気予報」の最新版を公開した。生活に身近な天気予報という題材を活用することで地球温暖化対策による影響・被害の可能性について、一人ひとりの正しい理解を得て、地球温暖化に対する危機意識を共有し、今できることから行動してもらうことを目的に制作された。
全部で4本構成となっており、産業革命以前からの気温上昇を1.5℃に抑える目標に対して、達成パターン、未達成パターンごとの夏、冬の想定で制作されている。