サイバー・コミュニケーションズは、デジタルインファクトと共同で、デジタルサイネージ広告市場に関する調査を実施。その結果、2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は前年比113%の749億円となる見通しで、2023年予測は、2019年比1.7倍の1248億円となった。
デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測(2018年~2023年)
デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測(2018年~2023年)
セグメント別に見ると、交通機関が480億円で全体の64.1%、商業施設・店舗は98億円で全体の13.1%、屋外は87億円で全体の11.6%、その他は84億円で全体の11.2%を占める結果となった。
2019年セグメント別デジタルサイネージ広告市場規模推計
2019年セグメント別デジタルサイネージ広告市場規模推計
交通機関のなかでも、特に伸びが顕著なのがタクシーで、2019年の市場規模は24億円と推計、2020年には48億円と予測。2016年以降、タクシー事業者と広告事業者との事業連携が進み、法人向けサービスを提供する広告主からの高い支持を受け、需要が急増しており、2023年には2019年比約3倍の75億円規模に達すると予測している。
タクシーサイネージ広告市場規模推計・予測(2018年~2023年)
タクシーサイネージ広告市場規模推計・予測(2018年~2023年)
また、商業施設・店舗においては、顧客が持つスマートフォンとの連携などによる、多様なプロモーション手法の登場に対する期待も高まりつつある。また、滞在時間が長い美容室や飲食店なども、顧客と広告主との新たな接点としてデジタルサイネージが注目を集めており、導入も進んでいる。