博報堂は、製品・サービスの創造や改良のアイデア・スキルを持つ、先進的な生活者との共創によって、企業の新たな価値創出を行うプログラム「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」 の提供を開始した。
近年、生活者自身が革新的な製品を開発したり、既存製品を改良したりする「ユーザー・イノベーション」が世界的に注目を集めている。このような「ユーザー・イノベーション」スキルを持つ生活者は、日本の人口の3.7%に上るというデータもあり、デジタル技術の進展とSNSの発達によって、今後、ますますその活躍の場が広がる予想だ。また、これらの風潮を受け、ユーザーとの共創活動を通じて、そのアイデアをイノベーションの源泉として取り入れる企業も増加しつつある。

このような企業のユーザー共創活動へのニーズの高まりを背景として、企業のブランディングやイノベーション支援を行う専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」は、企業がユーザー共創を行う際の課題となる、適切な対象者の抽出やアイデアを引き出す手法、参加モチベーション維持などのポイントに配慮した「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」を開発した。

博報堂ユーザー・イノベーション・プログラムでは、企業の課題に合わせて、技術的・専門的な知識を持った生活者イノベーターとのワークショップからアイデア抽出を行う「リードユーザー型」、アイデア公募を行う「クラウドソーシング型」、SNS投稿データなど膨大な口コミデータからアイデアを抽出する「文章解析AI型」の3つのアプローチを提供。最適な手法を選定してプロジェクト設計を行い、アイデアの創出から実装、プロモーションまで、ワンストップで支援する。

博報堂は今後も「生活者発想」の理念のもと、生活者と企業をつなぐハブとなり、社会にイノベーションを創出していく考えだ。