日本アド・コンテンツ制作社連盟は、映像文化発展のため、映像クリエイターの発掘・育成・映像技術の向上を図り、制作サイドの見地から表彰を行う「JAC AWARD」を開催している。2018年は「プロデューサー部門」「プロダクションマネージャー部門」「ディレクター部門」の3部門で、JACアワード委員会と下記審査員による審査が行われた。

「プロデューサー部門」「プロダクションマネージャー部門」は作品に対するクリエーティブ貢献度や進行管理能力を通じて、それぞれの「プロデューサー力」「プロダクションマネージャー力」を評価するもの。

JAC会員社の35歳以下のプロデューサー(もしくは経験年数が5年以下)、および28歳以下のプロダクションマネージャー(もしくは経験年数5年以下)が応募対象となる。「ディレクター部門」は、JAC会員社の35歳以下の社員を対象に、「自由」をテーマに制作された30秒のオリジナル作品を審査する。

最優秀賞に当たる「ベストリマーカブル・オブ・ザ・イヤー」は、それぞれプロデューサ部門では川口雅弘さん(AOI Pro.)、プロダクションマネージャー部門では依光杏奈さん(東北新社)、ディレクター部門では池田萌さん(太陽企画)が受賞した。

2018年の全受賞結果は以下の通り。

<プロデューサー部門>
■ベストリマーカブル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
川口雅弘 AOI Pro.

■リマーカブル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(6名 ※敬称略・50音順)
磯野直史 ソーダコミュニケーションズ
井元俊輔 太陽企画
岡崎克哉 二番工房
岡村龍之介 東北新社
片桐広基 太陽企画
久松真菜 AOI Pro.

<プロダクションマネージャー部門>
■ベストリマーカブル・プロダクションマネージャー・オブ・ザ・イヤー
依光杏奈 東北新社

■リマーカブル・プロダクションマネージャー・オブ・ザ・イヤー (9名 ※敬称略・50音順)
大石基紀 太陽企画
岸本祐進 博報堂プロダクツ
佐山大地 AOI Pro.
田島弘基 東北新社
田添裕也 エンジンフイルム
徳村寛樹 AOI Pro.
細谷映麻理 二番工房
松本章伯 太陽企画
味方優介 東北新社

<ディレクター部門>
■ベストリマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー
池田萌 太陽企画
■リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/早川和良・永井聡賞
ジョン・ウンヒ AOI Pro.
■リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/黒田明賞
西村 征暁 太陽企画
 
■リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/黒田秀樹・山本真也賞
野田雄太 電通クリエーティブX
■リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/中島信也賞
村田まい 電通クリエーティブX
なお、今回の審査員は以下の通り。

<審査委員長>
中島信也(東北新社)

<スペシャル審査員(ディレクター部門)>
黒田明(ワンダラクティブ)
黒田秀樹
永井聡(AOI Pro.)
早川和良(ティー・ワイ・オー)
山本真也(太陽企画)
金澤善風(電通クリエーティブX / 2017年ディレクター部門グランプリ受賞者)

<スペシャル審査員(プロデューサー・プロダクションマネージャー部門)>
阿部薫(ソーダコミュニケーションズ)
岩井健二(太陽企画)
小佐野保(ギーク ピクチュアズ)
宝田晴夫(ティー・ワイ・オー)
多田真穂(電通クリエーティブX)