ボイスメディアと音声放送プラットフォームを開発・運営するVoicyが、日本経済新聞社との業務提携を発表した。主にビジネス、マーケットおよび経済金融分野において両社が協力して、相互の強みを活かした新しい音声情報サービスの開発やコンテンツ制作に取り組んでいく。

同社は音声放送プラットフォームの運営で培った音声テクノロジーを活用した心地よいサービス体験を実現する開発ノウハウや、ボイスメディア「Voicy」上でコンテンツ発信している人気パーソナリティとファンをつなぐコミュニティを保有している。両社が相互の強みを活かして、新たなサービスやコンテンツ開発に取り組むことで、従来テキストや画像を中心とした「目からの情報摂取」に加え、音声による「耳からの情報摂取」を融合したサービスが実現できる。これにより若年層ビジネスパーソンなど新たなユーザーの獲得、エンゲージメント強化を目指していく考えだ。