大分県別府市では、9月に開幕を控えた「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」に向けて、ラグビーと温泉を融合させた世界最強のおもてなしを目指す「NO SIDE」プロジェクトを発足。1月7日より、総勢200人以上の市民が参加した世界一ホットな“ウォー・クライ”ムービー「NO SIDE - BEPPU CITY」を公開した。

別府市は、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」における公認キャンプ地として、ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ代表チームを市内に迎える予定となっており、多くのラグビーファンの来訪が見込まれている。そのおもてなしにむけた別府市ならではのコンセプトが、“ラグビーと温泉の融合”だ。

別府市では2016年11月に、遊園地と温泉を融合させた「湯~園地」計画を発表。100万再生で実現を掲げた公約発表ムービーは世界各国で話題となり、2017年7月には実際に別府市内での開園に至った。その経験を活かし“温泉という世界最強のアトラクションで、世界最強のラガーマンとラガーファンにむけた、おもてなしを開発したい”という想いから立ち上がった。「NO SIDE」プロジェクトを通じ、市一丸となってさまざまな取り組みを展開していく。
「NO SIDE-BEPPU CITY」
「NO SIDE-BEPPU CITY」
「NO SIDE - BEPPU CITY 」では、“ラグビーと温泉の融合”を文字通り体現したプロジェクトムービー。1人の青年が温泉を堪能する入湯シーンから始まり、青年がキーアイテムとなる“湯桶”を手に取った瞬間から大きく変化していく。バスタオル1枚で“湯桶”を片手に走り出す青年に、その“湯桶”を奪おうと次々と攻撃をしかけてくる屈強な男性たち。激しい肉体と肉体のぶつかり合いが続く中、青年は後方に現れた仲間に“湯桶”をパスしたり、時にはスクラムを組んだりしながら、温泉街を駆け抜けゴールを目指す。

“湯桶”を中心に繰り広げられるさまざまなシーンは、実際のラグビーの試合を観戦する上で役立つルールや技の解説にもなっており、ストーリーを追いながら本格的なラグビーのプレイを自然に学べるようになっている。