博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂、博報堂プロダクツ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、博報堂DYデジタルは、販促領域のデジタル施策を一気通貫で支援するプロジェクトチーム「SP EXPERT’S™」を組成し、2019年1月より本格始動したことを発表した。
近年、リアルとデジタルの垣根がなくなりつつあるという背景から、博報堂DYグループは、OMO(Online merges Offline)時代に向けた販促市場のデジタル化に着目。広告から販促までシームレスなデジタルマーケティングを推進していくことが求められているなか、グループ横断のプロジェクトとして、「SP EXPERT’S™」を立ち上げ、活動を展開してきたが、今回正式にプロジェクトチームとしての組成に至った。

「SP EXPERT’S™」は、グループ各社のマーケティング・販促・デジタルそれぞれの専門的な知見を持った人材が集結し、一つに統合したプロジェクトチーム。メンバー全員が各々の知見を共有し合い、マーケティング戦略からデジタルソリューション開発、販促キャンペーンに伴う個人情報管理や事務局対応、メディアビジネスデザインまでをシームレスかつ統合的にカバーすることで、それぞれが分断されないマーケティングが実現可能となる。
今後、「SP EXPERT’S™」は販促領域のプラットフォーマーと協業し、デジタルマーケティングを含む販促に関わるさまざまなソリューションの開発やプロモーション活動の推進を行い、企業のマーケティング活動を支援していく。