H.I.S.ホテルホールディングスは1月17日、福岡市博多区中洲に、ロボットと最新設備を導入した「変なホテル福岡 博多」を開業した。2015年に長崎・ハウステンボスに1号店を出店し、千葉・愛知・東京に次ぐ10店目として福岡への初出店となった。

今回、変なホテル初となるエントランスからフロントまでの映像プロジェクションを設置している。エントランスの壁一面から1階フロア全体にわたる映像プロジェクションと恐竜ロボットによる演出で、今までにない宿泊体験を楽しむことができる。
フロア、客室は、ユネスコ無形文化遺産である「博多祇園山笠」をイメージしており、祭りの法被を客室内に飾るなど地域の歴史ある文化に触れることにより、より旅行気分を高めてもらえるような工夫を凝らしている。レストランは、博多織や小石原焼で装飾し、地産地消を中心とした創作料理を提供するなど、随所で福岡を感じられる空間となっている。