メルカリが、昨年1年間(2018年1月1日~12月31日)に売却経験のある約250万人を対象に調査を実施し、年代・性別ごとの売上に関する利用動向を発表した。

1人あたりの平均月間売上額は17,348円で、1世帯あたりの1カ月の水道・光熱費に相当する。年代・性別ごとにみると、60代以上の男性が31,960円と最も高く、次いで60代以上の女性が続き、シニア層が占める結果となった。自宅に眠る隠れ資材をメルカリで売却し、現金化していることがわかった。
また、男性は比較的単価の高いものを売却する傾向があり、女性は手頃な価格のものを多く売却する傾向があることがわかり、各年代において男性のほうが平均売上額が高いという結果となった。