コンデナスト・ジャパンは1月31日、SNSメディア「RUMOR ME(ルーモア・ミー)」をローンチした。インフルエンサーの育成や、1995年以降に生まれた「Z世代」向けのマーケティング事業に乗り出す。
インフルエンサー発掘プログラム「RUMOR ME Audition」も開始する。58人のオーディション参加者に対し、メディアリテラシーやフォトグラフィー、タレント性などを磨く全10回のトレーニングを1年かけて実施し、「コンデナスト認定クリエイティブインフルエンサー」を創出。コンデナスト・ジャパンがタレントエージェンシーとしての役割も担い、イベントへの派遣や企業とのアンバサダーマッチングといったBtoB事業を行っていく。プログラムはgeeks 代表取締役社長の山本哲氏と共同開発した。

同日には都内でローンチパーティーが開かれ、モデルの西内まりや、佐藤晴美らが来場。トークショーも行われた。
(左から)モデルの西内まりや、大屋夏南、E-girls リーダーの佐藤晴美、フォトグラファーの中田みのり。
(左から)モデルの西内まりや、大屋夏南、E-girls リーダーの佐藤晴美、フォトグラファーの中田みのり。
コンデナスト・ジャパンの北田淳社長は、「近年、ソーシャルメディア並びにインフルエンサーの影響力は右肩上がりになっている。本プロジェクトはコンデナスト・ジャパンとして、インフルエンサーマーケティングへの強いコミットメントを示すものだ」と話した。
北田社長。
北田社長。
同社ではフォロワー数やエンゲージメント数などの数字的指標だけではなく、ユーザーを魅了するインフルエンサーを「クリエイティブインフルエンサー」と定義。育成を目的にInstagram上で様々なコンテンツを発信する。オーディションの特別審査員を務める動画クリエイターのkemio(けみお)が登場するムービーも公開している。