NTTドコモでは、「学生のスマートフォン事情」をテーマに日本全国の高校生・大学生300名を対象にした調査を実施した。

「学校の友人と会話をすることが多い話題」では、「スマホで見たSNS・動画・アプリなどの話」が約8割(78%)にのぼり、「TVで見た番組の話」(58%)、「雑誌で見た記事や漫画の話」(30%)を大きく上回る結果となった。多くの学生たちが、TVや雑誌以上に「スマホ」で見たコンテンツを学校での会話のネタにしていることがわかり、メディアが抱えるユーザーの変遷が伺える結果となった。
そして、「友達との会話にあがることがより多い話題」では、YouTubeやInstagramなどのスマホ経由のコンテンツの割合がテレビや雑誌などのマス媒体よりも媒体が多く、さらに高校生においては、「TVタレント」(33%)よりも「YouTuber」(37%)のほうが会話にのぼることが多いという結果となった。また、YouTuber、VTuber、TikTokerをはじめとした人気動画クリエイターについての知識がなければ「友人との会話についていけないと思う」と答えた高校生も31%と約3人に1人にのぼり、学生たちが、あらゆる情報やコンテンツを、スマホ経由で楽しんでいる様子がうかがえる。
そこで、あらためて「学校の友人とコミュニケーションを行う上で、スマホは必須アイテムだと思いますか?」と聞いたところ、高校生・大学生の7割近く(67%)が「そう思う」と回答。デジタルネイティブな高校生・大学生の生活は「スマホありき」でコミュニケーションが成り立っていることが明らかになった。