ヤフーは3月1日、防災に必要な知識を問う「第2回全国統一防災模試」を実施すると発表した。約155万人が参加した昨年に続く第2弾。新元号への変更を控えたタイミングのため、平成に発生した災害に関連した設問も盛り込んでいる。受験期間は3月1日から31日まで。

1日から放送しているテレビCMでは、昨年のCMにも出演した本木雅弘(防災啓発活動イメージキャラクター)に加え、若者世代の代表として齋藤飛鳥(乃木坂46)を起用。2人は模試の中のドラマ仕立ての設問にも登場する。
さらに、若者の防災意識を向上させるため、渋谷エリアに広告を掲出。MAGNET by SHIBUYA109には、2017年に銀座の旧ソニービルに掲出した「ちょうどこの高さ。」と同じシリーズの巨大広告を出した。東日本大震災で発生した最大で16.7mという津波の高さを体感できる広告だ。

また、渋谷Q FRONTビル両サイド(Q’s WALL)には、本木雅弘と齋藤飛鳥の巨大広告を掲出している。これらの広告掲出期間は3月1日から14日まで。
防災模試には、スマートフォンの「Yahoo! JAPAN」アプリと、「Yahoo! JAPAN」スマートフォン向けウェブページ内で参加できる。設問数は全25問で、選択肢から選んで回答する問題のほか、コンパス機能を活用して方角を回答したり、正しいスピードでタップして心臓マッサージのリズムを回答したりする、スマホの特性を活かしたインタラクティブ設問が用意されている。これまでの「全国統一防災模試」の中から正答率が低かった設問を再出題する試みもあり、知識の定着を目指している。監修は東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔准教授。
防災模試を受けると、点数だけでなく「能力チャート」や「タイプ」が分かる。正解した設問のタイプや解答の速度を基に、防災に必要な5つの能力(「防御力」「行動力」「協働力」「知識力」「判断力」)がチャートで表示されるものだ。さらに、能力の特性から「防災の番人」「防災おかん」などの33個のタイプに分類される。