アドウェイズが、ByteDanceが提供する動画コミュニティアプリ「TikTok」の運用型動画広告を分析する専門クリエイティブチーム「rhyThm」を立ち上げた。
「TikTok」においては、媒体特性に合わせた表現や広告戦略が非常に重要となる中で、同サービスで「TikTok」の運用型動画広告を専門的に分析していく。同社は、2018年10月の運用型動画広告のテスト配信当初よりいち早く実施を進め、運用ロジックやクリエイティブの分析を行ってきた。媒体特性に合った動画構成や表現、色合い、BGM、テンポ感など、最適なクリエイティブ提案をすることで、広告主企業の目的に応じることが可能になった。