CyberZは、eスポーツに特化した広告マーケティング事業会社、CyberE(サイバーイー)を設立した。

CyberEでは、「eスポーツ市場に新しい価値を創造し、世界に変革をもたらす」という理念のもとに、eスポーツを活用したブランディング施策・販売促進策の提案や、イベント企画・運営、プロゲーマーを活用したタイアップ企画の実施など、eスポーツを活用したマーケティングソリューションを提供していく。またeスポーツイベントやプロゲーミングチームとも提携し、スポンサードメニューの代理販売やタイアップ企画の提供を行っていく。

CyberZが2018年9月に行った国内におけるeスポーツ認知度調査では、10~20代の認知率は約8割となり、10~60代の認知率も前年度から約2倍の49.8%という調査結果になった。また、CyberZが提供するゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」は月間200万人が利用し、eスポーツ番組の配信数は月に100コンテンツを超え、エイベックス・エンタテインメント社と共催する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」では過去最高動員数3.5万人、ネットでの視聴数は700万を記録し、大きな盛り上がりをみせている。

今後同社は、2015年よりeスポーツ事業に取り組むCyberZの知見を活かし、日本のeスポーツ市場のさらなる発展を目指していく考えだ。