京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)の広告配信プラットフォーム「KANADE DSP」が、モメンタムの認定プログラム「Platform Certification Program(PCP)」第一弾となる認定を受けたことを発表した。モメンタムはアドベリフィケーション事業を専業に行っており、同社のソリューションを活用しながら安心・安全な広告配信を行う技術と実績を持つアドプラットフォームとして認定を行っている。

KCCSは、モメンタムの提供するHYTRA APIをKANADE DSPにて配信する広告キャンペーンに適用することで、広告の入札取引が行われる前に、不適切・不正な掲載面への配信を未然に防ぐ。また、無価値な広告枠への入札コストを抑え、広告配信効果の最大化への取り組みを行っている。こうした取り組みから、モメンタムはPCPの第一弾として認定した。

KCCSは、今後もアドベリフィケーションに積極的に取り組み、日本のデジタル広告業界の健全化を推進するとともに、広告主のブランド価値およびROI向上に貢献すると述べている。