パルコは、滋賀大学とデータサイエンス分野での人材育成やデータの利活用において、連携協定を締結した。
パルコは、顧客とのコミュニケーションツールとして、2014年に公式スマホアプ「POCKET PARCO」をリリースし、2018年には、店舗回遊の促進を目的とした「PARCO WAKKING COIN」機能の実装を行うなど、「独自の先行的ICT活用」を推進している。これらによって得られるさまざまなデータから顧客情報を統計的に分析し、ニーズを探ることで、顧客満足度やテナントスタッフの接客力の向上に役立てる狙いだ。
今回の連携でパルコは、「ビッグデータの滋賀大学へ提供」「データサイエンススキルを持った人材育成」の2つを通して、顧客満足度向上のための、サービスプログラムの改善を目指す。