ヤフー(Yahoo! JAPAN)は、10月から予定しているデータソリューションサービス「DATA FOREST」の提供開始に先立ち、サービスの体験・共創拠点「DATA FOREST LAB」を、Yahoo! JAPAN紀尾井町オフィス内に、5月29日から開設する。また、4月9日から「DATA FOREST LAB」への参画企業・自治体の募集を開始した。
「DATA FOREST LAB」は、企業や自治体が持つデータとYahoo! JAPANのビッグデータを掛け合わせて分析を行い、そこから導き出されるインサイトを提供し、企業や自治体の事業の創造や成長を支援するデータソリューションサービス「DATA FOREST」を先行体験できる拠点。この拠点では、データに基づいて事業課題の解決を目指す企業や自治体が、「DATA FOREST」で提供予定の機能や開発中の機能の一部を無料で利用することができる。また、データ活用のセミナー、Yahoo! JAPANのデータアナリストによる支援、データ分析を通して参画企業・自治体同士で情報交換できる仕組みなどを提供する。Yahoo! JAPANとしては、利用者からのフィードバックや機能の利用状況などを踏まえ、「DATA FOREST」の機能改善・新機能創出につなげていく狙いだ。

開設当初は、10月から提供予定の、生活者の興味関心を可視化する機能「DATA FOREST INSIGHT People」の一部を利用することができる。利用者は、特定キーワードと一緒に検索されているキーワードや、特定キーワードを検索しているユーザー群の行動特性などを、ランキングや規模の推移といった形式で閲覧する。性・年代・エリア別で抽出した分析も一部可能で、これにより、生活者の潜在ニーズやトレンドといったインサイトを導出し、事業活動に役立てることができる。提供機能は順次拡大していく予定だ。