読売広告社は、ドラッグストア内の購買行動に関して、これまで行っていた「ID-POS データ」分析や店頭実験を中心とした独自の知見に加え、新たに「AIカメラ」を活用することで購買者の棚前行動を捕捉してデータ化し、購買・行動解析の精度をアップさせたソリューションを開発し、2019年4月からサービス提供を開始する。

これまで、リアル店舗において、ECサイトでは検証可能である「購買プロセス」や「非購買者の離脱プロセス」の把握など、購買者行動の実態把握が課題とされてきた。今回のサービスでは、店頭に設置したAIカメラから取得した画像を、AI姿勢解析技術とディープラーニングにより機械学習させることでデータ化。ID-POSデータとの連携も図り、これまで定性的な分析が中心となっていた生活者の店頭購買行動を、データに基づいて定量的に分析することを可能にしている。
なお、「AIカメラ」については、コニカミノルタの顧客行動解析サービス「Go Insight」を採用している。画像から対象人物の姿勢・属性・行動を検知し、可視化することで、購買者行動の実態を把握する。