イラストレポで放送内容をチェック!

“地図が書き換わる概念”がある

ハヤカワさんから「最近やってみて面白かったゲーム」を尋ねられた加藤さんは、協力型アクションパズルゲーム「PICO PARK」を挙げます。最大8人で遊べるため、社員の送別会でやってみたところ、とても面白かったそうで「スーパーマリオシリーズみたいに、ひたすら右にスクロールするゲームなんですけど、細かなアイデアが満載で素晴らしかった」と絶賛。

続けて、加藤さんは「僕らがゲームをつくるときに“コツ”としていることが1つある」と言い、「“地図が書き換わる概念”がある」と話します。

「例えば、ゲームの舞台が“ラーメン屋”だったとします。食後に財布がないことに気付いた主人公が、“謝って許してもらう”という手もある。けど、ゲーム的に“こっそり脱出しよう”ってなったとき、急にそのラーメン屋さんの地図が書き換わる。店員はどこにいて、通路はここだから“トイレに行くふりをして帰るのは無理か……”とか。そんな感じで、戦略性が生まれてくるんです」と語ります。

続けて「これとこれに気づくことができれば、別のルートを発見することができて……みたいに考えることができる。日常のなかに、ゲームのヒントが山ほどあるなって。毎日そんなことを思いながら暮らしている」と明かします。
 

「リアル脱出ゲーム」が発信しているメッセージとは?

大の「リアル脱出ゲーム」好きで、これまで数多くの参加経験があると話すハヤカワさん。「“どういう生活をしたら、こんな考えに至るんだろう?”と考えさせられる、さまざまな謎があった」と明かします。

これに加藤さんは、「“いまなにが起こったら、おもしろいかな”ということをずっと考えている。まれに、“ビックリすること”が起こる場面ってあるじゃないですか」と言い、“ライブ中に起こるアクシデント”を例に挙げ、自身が手掛ける“エンターテインメント”について語ります。

「ライブ中、アーティストがマイクを落としてしまったとします。ライブ的には絶対ダメだけど、(それを観た)お客さんはめっちゃ沸くみたいな(笑)。それは、一生懸命にやっている現場で起こるアクシデントだからこそ盛り上がる。でも僕らは、時間と空間をつかさどるエンターテインメントをつくっているので、そのアクシデントを(主導で)起こせる」と力強く語ります。

続けて、「どちらかと言うと僕は、ゲームの流れのなかで“みんなはいま、どんな感情をほしがっているのか……”と考える。すごく集中しているからこそ、ここでは、その集中を削ぐようなビックリがほしいなとか、すごく感動している場面だからこそ、その気持ちをリラックスさせるような驚きがほしいとか」と、ゲームづくりの思考にも触れます。

また、初期の「リアル脱出ゲーム」については、「コピー用紙の裏に適当に手書きしたものを壁にペタペタ貼っていたようなものだった」とコメント。「それはつまり、“あなたの家でもできますよ”ということです。なにか思い付いたら、視点とルールを変えれば、あなたの日常はエンターテインメントになるし、物語にもなる。『リアル脱出ゲーム』では、そんなメッセージを発信している」と語ります。

この話にハヤカワさんは、「普段の人生とか普段の当たり前のことも、見方を変えたり、少し心持ちが違ったりすれば、それもストーリーになっていくということなんですね。そうなると、自分の明日の生活がすごく明るく見えてくる」と目を輝かせます。

最後に加藤さんは、2週にわたるトークを振り返り「自分自身、妄想と現実の距離感のなかでクリエイティブしているんだな、と発見できた時間でした」と話していました。

次回8月31日(土)の放送は、オリエンタルラジオの中田敦彦さんをゲストに迎えた、番組初の妄想公開イベントの模様をお届けします。どうぞお楽しみに!

番組概要

番組名:マスメディアン 妄想の泉
放送日時:毎週土曜 24:30~25:00
パーソナリティ:ハヤカワ五味
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/mousou/
番組Twitter:@mosonoizumi_TFM

PODCASTPODCAST

写真
【パーソナリティ】
ハヤカワ五味
課題解決型アパレルブランドを運営するウツワ代表取締役。1995年生まれ。大学入学後にランジェリーブランド《feast》、2017年にはワンピースの《ダブルチャカ》を立ち上げ、D2Cで販売する。「ファッションデザイナー」と「事業家」の2つの顔を持つ。
SHARE!
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline