──勝手なイメージで美大卒だと思っていました。
こういう肩書なのでよく言われます(笑)。実は文学部の出身です。勉強は楽しくて、大学にはまじめに通いましたね。でも、就職活動はしませんでした。日本は就職ではなく「就社」だと言われますが、やりたいことが見つからないまま会社を探すのは、僕には難しかった。それなら無理に就職活動をするよりも、子どものころからの夢をかなえようと思ったのです。

その夢とは「イタリアに住む」ことです。僕はサッカー少年で、世界最強リーグと言われたセリエAや、イタリアの人々の熱狂ぶりが好きでした。あの空気を肌で感じながら生活してみたかったのです。

それで、渡航費を貯めるために出版社でアルバイトを始めました。あるとき編集長に「うちのWebサイトをつくってよ」と本を1冊渡され、HTMLの勉強からスタート。むちゃ言うなぁと思いましたが、やってみたらすごく楽しくて。これが、僕とデザインとの出会いです。

卒業してイタリアに住む夢は実現しましたが、1年足らずで帰国することに。実は、家主が経営するアートギャラリーのWebサイトやフライヤーをつくる手伝いをするうちに、他の人からも依頼が来るようになったのです。それで、「僕はデザインで生きていける」という自信が湧いて、早く日本で仕事がしたくなった。だから結局サッカースタジアムには行かずじまいです(笑)。

──入りたい会社ではなくやりたい仕事を見つけたのですね。
はい。だから帰国後に「就社」活動はせず、フリーランスのWebデザイナーとして活動を始めました。でも、すぐにつまずくことになります。ある商品のプロモーションサイトを当時、流行していたFlashを駆使してつくったとき、見栄えはよくできたものの、売り上げに全くつながらなかったのです。

消費者が商品ブランドに触れる機会はWebサイトだけではなく、広告やチラシ、パッケージなどさまざまです。ひとつだけカッコよくしてもダメ。すべてが統一したデザインやメッセージで発信されてこそ、イメージが浸透し、選ばれるブランドになっていく。駆け出しの僕にはその観点がありませんでした。

この経験で、「カッコよくデザインする人」ではなく、「ブランディングデザインをする人」に自分を変えようと決意しました。例えばWebサイトリニューアルプロジェクトに招集された場合でも、店舗やショッパーなどのデザインをトータルで提案するようになりました。

アライドアーキテクツプロダクトカンパニー CDO 相原幸司さん<br />
大学在学中、アルバイト先の出版社でWebデザインの基本を習得。卒業後にイタリアへ渡り、約1年の滞在ののち帰国し、2001年よりフリーランスのWebデザイナー。大手書店チェーンなどのブランディングデザインを手がける。2013年、アライドアーキテクツにプロダクトデザインチームのマネージャーとして入社。2019年より現職。
アライドアーキテクツプロダクトカンパニー CDO 相原幸司さん
大学在学中、アルバイト先の出版社でWebデザインの基本を習得。卒業後にイタリアへ渡り、約1年の滞在ののち帰国し、2001年よりフリーランスのWebデザイナー。大手書店チェーンなどのブランディングデザインを手がける。2013年、アライドアーキテクツにプロダクトデザインチームのマネージャーとして入社。2019年より現職。
──13年続けたフリーをやめなぜ「就社」することに?
ブランディングデザインを追求していくうちに、企業ブランドや事業そのものをデザインしたいという思いが膨らんでいきました。それには経営のコアな部分に踏み込まなければなりません。機密資料を見る必要もあります。でも、僕らのような社外のデザイナーは「人的リソース」として扱われることが当時はまだ多かった。実務をやるので「コンサル以上」、でも「社員未満」。それを越えられないもどかしさが常にありました。

だったら事業会社に入ってインハウスデザイナーになろうと決めました。そうすれば自分が核となり、企業ブランドにかかわるコミュニケーション全体のデザインを推進できると思ったのです。

アライドアーキテクツは、企業のマーケティングDXを支援する会社です。僕はプロダクトデザインチームのマネージャーとして入社しましたが、プロダクトの開発だけではなく、広報と連携してコーポレートサイトやロゴをつくるなど、さまざまな領域の制作物に関与していきました。上場や決算の際は経営陣やIR担当と一緒に会社紹介やIR資料もつくりました。これまでデザイナーが参加していなかった経営のコアの部分で、デザインの力を証明することができた。「就社」したからこその経験だったと思います。

──現職のCDOに就任したきっかけを教えてください。
実は僕、3年前に退職しているんです。退職を申し出たときにCDOのオファーを受け、現在は業務委託のCDOとして、事業全体のデザイン向上を担っています。スキルと信頼関係があれば、外部の人間でも幹部ポストに就いて、社員の時と変わらずコミットできる。柔軟な働き方のモデルケースを示す意図もありました。業務のステップアップと前例のない働き方、どちらも認めるなんて型破りな会社ですよね(笑)。

フリーに戻ったのは、やりたいことがあったから。僕がアルバイトをしていた出版社は、教科書や辞書を出していて、社会に貢献している企業です。同じように、その社会的価値にもかかわらず、リソース不足のためにブランディングができず、世間に知られていない中小企業がたくさんあります。これからは、そういった企業の経営のコアで自分の能力を役立てたい。そして日本のデザイン力の向上につなげたいと思っています。僕のデザイナー人生の終活になるかもしれませんね(笑)。
写真
【聞き手】
荒川直哉
株式会社マスメディアン
取締役
国家資格キャリアコンサルタント
荒川直哉
マーケティング・クリエイティブ職専門のキャリアコンサルタント。累計4000名を超える方の転職を支援する一方で、大手事業会社や広告会社、広告制作会社、IT 企業、コンサル企業への採用コンサルティングを行う。転職希望者と採用企業の両方の動向を把握しているエキスパートとして、キャリアコンサルティング部門の責任者を務める。「転職者の親身になる」がモットー。
写真
キャリアアップナビ
キャリアアップナビでは、マーケティングやクリエイティブ職のキャリアアップについて毎月テーマをピックアップして、マスメディアンのキャリアコンサルタントが解説していきます。良い転職は、良質な情報を入手することから始まります。「こんなはずでは、なかったのに…」とならないための、転職情報をお届けします!
SHARE!
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline