横浜・戸塚のヘリ発着場に集合し、ヘリコプターとご対面です。着いて早々、ボルテージの上がる古賀さんとクドウさん。

チャーター会社から搭乗前の説明を受け、最後に万が一のときの念書に一筆を入れます。「そういう危険も隣り合わせですよね……」とビビる古賀さん。
さっそくヘリコプターに乗り、横浜から東京へのフライトを楽しんでもらいます。
クドウナオヤさん(左)、古賀崇洋さん(右)
クドウナオヤさん(左)、古賀崇洋さん(右)
実は、一度荒天でフライト順延となっていたこともあり、「この浮遊感!? 確かに風の強い日は飛べないですね……」とクドウさん。少し不安がよぎります。そんな一行の心配をよそに、ヘリは横浜上空から東京方面へ飛び立ちます。日産スタジアムや多摩川を越え、東京方面へ向かいます。
ヘリに乗って10分も経たずして、東京タワーが遠くに見えてきました。東京タワーを目前にして、今日一番テンションが上がる古賀さんとクドウさん。「スタッズみたい!」と興奮の古賀さん。ヘリのパイロットの方からの「このアングルだと東京タワーとスカイツリーが重なるんです」というアナウンスに、メンバーも感嘆します。
東京タワー上空を通り過ぎると、汐留の電通本社が見えてきました。「うおーーー! 俺ここで働いてる(笑)」とクドウさん。
次に臨むは、日本のビジネスの中心地である東京駅。八重洲口側、丸の内側ともに高層ビル群が並びます。奥に見える皇居が、真っ暗なのが印象的です。
「このあとスカイツリー方面へ向かいます」とパイロットから。一行の期待も高まります。クドウさん「まさに、街に生えるスタッズ」とコメント。それに対して「このあたりはメリハリが過ぎますね」と古賀さん。ヘリコプターは、スカイツリーを中心に一周し、東から西へ旋回します。
いよいよクライマックス。世界に誇る東京の摩天楼「新宿」「渋谷」へ向かいます。「新宿の光量が一番多い!」と熱く語る古賀さんに、「対照的に後ろの新宿御苑と代々木公園が暗くて、ぽっかりと穴が開いているみたい」とクドウさんは応えます。
次の渋谷は、2分で到着しました。「地下鉄に乗ってしまうとわからなかったけど、東京って地続きなんだなぁと改めて気づいた」とクドウさんがコメント。二人は世界で最も混み合う交差点とも言われる“渋谷スクランブル交差点”を上から眺めます。
一行は渋谷を後に、横浜方面に戻ります。横浜から出発して、品川や東京など沿岸部を経由し、スカイツリーを旋回した後に、新宿・渋谷と回ってきましたが、フライト時間は30分程度。「楽しすぎて、あっという間だった…」と古賀さん。また「念願だった東京の高層ビル群を上から眺望できて、つぎの作品のインスピレーションが湧きそう」と語ります。
沸いたインスピレーションについては、日を改めて個展開催中の表参道・CoSTUME NATIONAL LABへ場を移して、伺わせていただきました。古賀さん・クドウさんの対談記事はこちらから読むことができます。

ダイジェスト動画

写真
【ナビゲーター】
クドウナオヤ
電通 CMプランナー/コミュニケーション・デザイナー
2012年 電通入社、デジタル・クリエーティブ・センター所属。トヨタのグローバルキャンペーンをはじめ、LEXUSのテレビCMや、日清食品/チキンラーメンのWeb動画「侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生」などCMを基軸にした案件を担当。さらに資生堂/マジョリカマジョルカ「マジョリ画」、音楽を味覚化するプロダクト「SQUEEZE MUSIC」といったデジタルを活用したサービス・プロダクトの開発も手がけるなど、さまざまなクリエイティブ領域を“越境”する。New York Festivalsの若手コンペで世界一位になるなど、日本代表として数々の国際賞レースを経験。海外の大学での客員講師など、広告業界内外で講師も務める。

最近では、一夜にしてインスタグラマーになった秋田の84歳「シルバーテツヤ(@slvr.tty)」の“生みの孫”としても注目を集める。
SHARE!
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline