>体験_花火作成編はこちらから

線香花火ワークショップの会場から場を移して、さっそく線香花火を試します。作成した順番で、線香花火を点火していきます。
「風で落ちないよう」にと手をかざすも、クドウさんの線香花火がさっそく落ちる…。
気を取り直して、2本目へ。「今度は落とさないでよ」と庄司さん。クドウさんも「そっちこそ慎重に」 と返します。
しかし、あえなく二人ともすぐに落下! やはり初期に作成した花火は、なかなか火玉が安定しません。
その後もどんどん点火していきます。中盤以降に作成した花火は、液溜まりもスムーズ。オレンジ色の和火が牡丹のようにきれいに咲きます。
これに対してクドウさんは「おっ、この辺からコツを掴み始めた線香花火かも! いい感じ!」と。
また庄司さんは「一見いい感じそうに見えて、すぐ落下するな~」とコメントします。
ひとしきり作成した線香花火で遊んだ後に、レストランeteに移動して今回の初体験について語っていただきました。庄司さん・クドウさんの対談記事はこちらから読むことができます。
写真
【ナビゲーター】
クドウナオヤ
電通 CMプランナー/コミュニケーション・デザイナー
2012年 電通入社、デジタル・クリエーティブ・センター所属。トヨタのグローバルキャンペーンをはじめ、LEXUSのテレビCMや、日清食品/チキンラーメンのWeb動画「侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生」などCMを基軸にした案件を担当。さらに資生堂/マジョリカマジョルカ「マジョリ画」、音楽を味覚化するプロダクト「SQUEEZE MUSIC」といったデジタルを活用したサービス・プロダクトの開発も手がけるなど、さまざまなクリエイティブ領域を“越境”する。New York Festivalsの若手コンペで世界一位になるなど、日本代表として数々の国際賞レースを経験。海外の大学での客員講師など、広告業界内外で講師も務める。

最近では、一夜にしてインスタグラマーになった秋田の84歳「シルバーテツヤ(@slvr.tty)」の“生みの孫”としても注目を集める。
SHARE!
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline